大きく分けて3パターンから選べるイオン銀行の返済

意外と充実しているイオン銀行の返済方法

まず始めに気をつけて欲しいのは、イオン銀行の返済日は毎月7日ですので利用するなら忘れないようにしましょう。
イオン銀行はネットバンクですが、返済ルートが意外と多くあります。
大きく分けてインターネット、カードローン口座、ATMの3パターンがありますが、それぞれも2パターンほどに分かれているので自分の返しやすい方法を選ぶことができますよ。


イオン銀行主流のインターネット返済

ネットバンクなので、やはりネット周りの取引は確実に行うことが出来ます。
パソコンからならインターネットバンキング、ケータイやスマートフォンからならモバイルバンキングを利用して返済することができます。
普通預金口座にお金を入れておけば、24時間いつでもネットからの操作で口座に振り返ることができるので、自宅や外出先から手続きすることができてとても使いやすいです。
どちらにせよ手数料などもかからないので忙しい方にも向いています。


直接取引をしたい方はカードローン口座とATM

インターネットで取引をするのに不都合がある場合でも、カードローンとATMがあれば返済は可能です。
イオン銀行のカードには口座番号がついているので、普通の口座振込と同じ手続きで返済することが出来ます。
この場合、提携していない金融機関からの取引だと手数料が発生することもあります。
また、直接入金をしたい場合は全国のコンビニ・銀行ATMでも取引が可能です。
ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、スリーエフ、ポプラ、デイリーヤマザキなどのコンビニと、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のATMを利用しましょう。
時間や場所、状況に合わせて返し方を選べるのはキャッシングを利用する上で意外と重要ですよ!

atadmin

View more posts from this author